ブックオフビーム禁止対策3箇条、せどりはアウトローな稼業です&続、買い叩きのススメ - ひつじのたぶんセドリまがじんかも?

ブックオフビーム禁止対策3箇条、せどりはアウトローな稼業です&続、買い叩きのススメ

春ですね〜。

咲き誇っています。

20150305 (13-2).JPG

足元でw

こんなに小さくカワイイ花なのに、妙な名前つけられちゃって、かわいそうに。

ま、このギャップがオモシロク、この花の魅力でもあるんですけどね〜。






...さて、このところ「BOビーム禁止」という文字を業界内で、頻繁に目にするようになりました。

20150305 (3).jpg


BOよくある質問にある一項です。

たぶん、元凶はこれなんでしょう。

管理人は、BOの規約を常時チェックしているわけではないので、よくはわからないのですが、以前は、このような文章がなかったということなのでしょうか?

ビーム禁止といっても、ここには

「他のお客さまのご迷惑となる場合には...」

という限定表現があり、

「店舗によっては...」

という但し書きがあります。

なので、ビームを禁止していない店舗で、他のお客さんの迷惑にならないようにビームを使えば良いというだけのことで、個人的には、特に問題だとは思っていません。

...そもそも、当たり前の話ですが、ブックオフに限らず、ビーム検索は、どこのお店でも良い気はしないと思います。

一般的に、店舗は、商品を転売するために買うお客を想定していませんし、お客は、その商品の他店舗における価格を知るよしもなく、相場的に安いのか高いのかすら知らずに買っていく、というケースがフツーだと想定しています。

なので、せどり、特に店舗仕入れというものは、こういった店舗側の暗黙の前提に対して、ノーを突きつけている一種アウトローな行為の上に成り立っている稼業だということがいえるかもしれません。

アウトローといっても、こちらとしては、ただ買うという正当な権利を通常よりやや多大に行使しているだけなんですが...

その上で、ビームが駄目なところは駄目ですし、黙認してくれるところは黙認してくれます。

気持よく仕入れができる、良い仕入先は感謝ですね〜。


...つまりは、こういった文言は不文律でどのお店にもあるが、今回BOがあえて明文化した?ということが巷でイロイロと言われていることの理由なのだと思います。


...だが、結局、個人的には何ひとつ変わらないw

本来的にアウトローな性質を持つせどりにおいて、明文、非明文という区別はあまりイミを持ちません。

BOに限らず、どこのお店でもそうですが、管理人は、店員さんに注意されたらビームをしないということにしているので、注意されない限りはビームを使い続けるでしょう。

注意されるということは、迷惑な行為だと受け止められたということだと思います。

実際のところ、体感的に、管理人のBO仕入れ店舗においては、以前と変わった雰囲気をまるで感じませんが、個人的に、迷惑な行為だと思われないようにするために気をつけていることをいくつか書いてみたいと思います。

(以前にも書いたかもしれませんが。)


1,全頭を堂々としない。


ビームで全頭するにしても、方法があります。
一冊一冊、すべての棚を、サーチは量だといわんばかりに、モノスゴイ勢いでビームを当てている同業の方を時に見かけます。

この方法は、目立ちます。
一般のお客さんからしたら、見苦しく、メーワクに感じるかもしれません。
そして、何よりも、ヒジョーに疲れます。
個人的には、全くおすすめできません。

管理人の場合は、価格、ジャンル、本の形式で、サーチする棚を決め、手打ち込でじっくり見るという方法を取っています。
例えば、単行本の場合なら、本を3冊程度手に取り、コンディションを見つつ、ビームを当て、棚に戻すということを繰り返すスタイルです。
そして、体に負担がかからない、できるだけ長く続けることができるようなラクな姿勢でビームを当てています。
管理人の場合、仕入れ量的に、カゴ2つが限界なので、この方法で十分に仕入れが可能です。


2,一般客のジャマにならないようにする。


思うに、ビーム禁止は、一般客のお客さんからのクレームによって取られた措置であるという側面が大きいのではないでしょうか?

せどりのマナーとして、

・カゴを放置しない。
・見たあとの棚はキレイにしておく。
・一般客のお客さんが見ている場合は、別の棚をサーチする。

といったことがあげられますが、最低限のこういったことができない、もしくは、しないのなら、店舗から、ビーム禁止を言い渡されても致し方ないと思います。
個人的には、マナーを守って楽しくせどるという文化が根付くと良いなと思います。


3,店員さんのジャマをしない。


ビーム可能なBOを仕入れ先として、長く付き合っていくつもりなら、店舗から見て、不愉快な行動、言動は避けるべきです。
店員さんが棚卸ししているなら、別の場所を見るというような配慮や、レジでの丁寧な言葉遣い、対応ということは言わずもがなです。



...3点ほどあげてみましたが、こういったことを心がけてビームをしていれば、特に問題ないのではないかと思っています。

まれに喧嘩売ってるとしか思えない対応の店員さんもいますが、そういう場合は本当にごくまれです。




...以上を踏まえて、管理人は、先月末もBOで通常通り仕入れを行いました。

それでは、次は、管理人の仕入れ画像を紹介しつつ、買叩くことについて、少しばかり書きたいと思います。

(このネタも以前書いていますが繰り返します。)

↓2店舗合わせた仕入れ品です。

20150305 (7).JPG


1店舗目

20150305.JPG

20150305 (2).JPG

54品、11145y仕入れ。

(内108y、28点)

20150305 (15).JPG

2店舗目

20150305 (5).JPG

20150305 (6).JPG

85点、13255y仕入れ。

(内108y、55点)

20150305 (12).JPG



...計139品、仕入れ金額24400

内108y、83品

シュリンク未開封品あり、未開封ゲーム関連あり、プレ化シングル、写真集あり、まずまずの仕入れでした。

見込み利益としては、仕入額の倍は固いです。


...今回の仕入れのうち、108y仕入れが、83点です。

108yというのは、BOにおける最低の仕入れ価格です。

BOで仕入れをする上で、最も利益率が高く、オイシイ価格帯だと言えます。

仕入れにおいて、忘れてはならないのは、まず価格ありきだ、ということです。

安いものを買うということを徹底する必要があります。



そして、ワンデー+クーポンを使い会計することで、フツーに買うより、計5318yのディスカウント価格で仕入れを行っています。

(ワンデーがなくなってしまうのはヒジョーに残念ですが、まだ、8月までは利用できます。)

ただでさえ安い仕入れをさらに安い価格で仕入れています。

“買い叩く”という行為を実践しています。

この買い叩くという行為を年間を通して継続することができれば、一年後にはけっこうオモシロイことになっていると思います。

(オモシロイという表現が意味するところは、ご想像にお任せします。)


次に、年間を通して、店舗と付き合うメリットについても書いておきます。

20150305 (8).JPG


値札を見て、何かお気付きでしょうか?

BOでは、売れない商品の価格が次々と改定されていきます。

以下、値札シールの張替え一例です。

1枚目 108y、仕入値


20150305 (9).JPG

2枚目、200y

20150305 (10).JPG

3枚目、500y

20150305 (11).JPG

4枚目、950y

20150305 (14).JPG


108yで仕入れたモノも、当初は950yという値付けだったんですね〜。

現在、日銀はインフレを起こそうと必死ですが、ミクロな経済活動においては、このような華麗なるデフレスパイラルが頻繁に起きます。

サーチした時点では、価格的に仕入れられない商品も半年も経てば、値段が変わっています。

仕入れにおいては、無理をしてまで仕入れる必要はなく、仕入れないという判断こそが、正しかったということはよくあることです。

時の経過がお金を産んでくれます。

商人としては、機会を逃さない俊敏性は大切ですが、焦りという不安定な衝動は、百害あって一利もなく、むしろ、待つという忍耐力の方が重要である場合が多いと個人的には思っています。


...物販という商いは、「安いものを高く売る」ことで成り立っています。

商人の心得として、

仕入値には徹底的にこだわるべきだと思います。(←クドイ)

もちろん、コンディションで売る、アカウントで売るということも、可能で、大事なことでもありますが、仕入れ基準の第一は価格だと思っています。

安い仕入れを心がけ、さらに安く仕入れるために、セール時期を狙ったり、システム、ポイント還元などを利用して、さらに買い叩きます。


...せどり物販では、「仕入れに何十万使った」みたいな、仕入れ金額の大きさを誇るような場合がほとんどで、仕入れ金額の少なさにフォーカスをあてている場合は、まずお目にかかりませんが、個人的には、全く逆ではないのかな、と思っています。

いかに少ない資金で大きな金額を得たか、といったことの方が、せどり錬金術士的には、オモシロク、興味深いです。

ウン百円がウン万円になったよ〜みたいなことを、ロマンティックだと感じるのは、管理人だけでしょうか?


...以上、BOビーム禁止と買い叩きについての記事でした。

(管理人は、いつも、このような仕入れを行っているわけではありませんが、今回は、買い叩くということについて書く良い例になるかと思い紹介してみました。)



...さて、今日は雇用統計だの〜。

登録作業でもしながら、チャートと戯れますかね〜。

ではでは!
2015-03-02 21:42 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、お疲れ様です。

わが県では全店一斉に検索禁止とはっきり貼り出されております。まあこそこそやっていますが・・・

それにしても、もうブックオフは仕入れ厳しいな、なんて思ってたんですが、あるものですね〜〜

100円商品なんかは、利益がよければあまりランキングは気にしないで仕入れますか?

自分は見向きもしてなかったのですが、今後100円棚も見てみたいと思います。

頑張って下さい!
Posted by 川口 at 2015年03月07日 22:10
川口さん、こんばんわ!

まじっすか、そんな県もあるんですね。びっくりです。キツイな〜。

...108円仕入れはランキングというより、年間の販売件数と出品者数の兼ね合いですね〜。コンディションで仕入れる場合もありますし。

管理人は、BOに限らず、中古メディア系では、基本的に低額商品から攻める場合がほとんどです。
100yもしくはそれ以下の、ゴミのような商品からの収益が相当ありますw

ご参考までに。
Posted by ひつじ at 2015年03月07日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ひつじのたぶんセドリまがじんかも? All Rights Reserved.