GIMPを使ってアマゾンの商品画像をカンタンに作成する方法 - ひつじのたぶんセドリまがじんかも?

GIMPを使ってアマゾンの商品画像をカンタンに作成する方法

アマゾン画像 (2).png
ネットショッピングの場合、実物を手に取れないお客さまが判断の基準とするのは、画像と文字と価格だけです。
未来のことはわかりませんが、ある商品を買うかもしれないお客様がいたとします。
その商品のカタログにニヤリ顔の↑こやつがいた場合この商品を買うという判断に至るでしょうか?
そして、またこれが表示されずに、魅力的な商品画像が掲載されていた場合どのような行動をとるでしょうか?

商品画像があった方が良いことは言うまでもありません。

なので、今日は↑こやつの解消方法を記事にしたいと思います。
(また、今回はじめて動画を作成してみましたので、よかったら見物してみてください。)

アマゾン画像 (3).png

現時点のセラーセントラルのアマゾン出品コーチ欄です。
なにかお気づきでしょうか?

A:あまりに「価格の改善を推奨する商品」が多すぎる。

ピンポーン、正解です。
正解なのですが、あまり安売りする気がないのも事実ですw

そして、それも正解なのですが、もうひとつ個人的にはかなりスッキリしたことがあります。
それは、「商品情報の改善が必要な出品」がないということです。

出品を開始してから、この欄が表示されなくなったのは初めてかもしれません。

20140320.JPG

アマゾンから返品依頼をかけていた商品が届きました。
この2つの商品は、FBA利用初期に登録したもので、商品画像がないまま出品していましたが、いっこうに売れないので商品画像を載せるために返送依頼をかけました。
返送したといっても、2品で100円の出費なので、売れないまま不良在庫化するより断然ましです。

アマゾンさまは商品画像について

アマゾン画像.png

と言っています。
詳しくはこちら

案外背景が白でない商品画像をけっこう見かけるので、実際の運用は甘いものですが、きれいな商品画像の方が買われやすいのは事実なようです。
商品画像がない=売れにくいといのは言い過ぎではないと思います。


かといって、背景を白にするために、撮影キットを買ったり、良い商品画像を撮るためにデジカメを新たに購入したりするのは大変です。

そこで今回はフリーソフトのGIMPを使ってアマゾンFBAに登録する商品画像をかんたんに作成する方法を動画でとってみました。
手持ちの携帯端末の画像を加工するだけでカンタンに良い商品画像を作成することができます。

例として、今回は

20140320 (2).JPG

このCDの商品画像を作成してみました。
(実際にはこの商品の画像はすでに作成されています。)

CDの場合はケースごと撮影するのもアリですが、光の反射や、撮影カメラなどが写ってしまうことがあるので、ジャケットをケースから出して写真をとるといいと思います。

a-gimp (4).JPG

パシャッと一枚、このような画像があれば十分です。

気をつけることは、商品をできるだけ、並行、垂直に写す位で、背景はじゅうたんでも、机でも、ベッドでも、どんな場所で撮影しても大丈夫です。

それでは動画をご覧ください。



Youtubeで見る場合はこちら

はい、いかがでしたでしょうか?
案外カンタンに商品画像を作成できると思います。

作成した画像が↓こちらです。

aaa.jpg

背景、余白がない商品画像ができました。
この方法はCDだけでなく、本や、DVDにも応用できます。

また、商品画像だけでなく、SKU画像作成にもGIMPは大きな威力を発揮します。
特にレベル操作による、明るさの調節はかなり使える機能です。

GIMPはとっつきにくいイメージがあるかもしれませんが、使っているとコレなしの画像処理は考えられなくなるほど大変便利なものです。
素晴らしいフリーソフトだと思います。

ダウンロード

※追記

最新版はGIMP2.8ですが、今まで使っていた2.6から乗り換えたところ、画面がフリーズする不具合が頻発しました。
なので、2.8をアンインストールし、2.6を再インストールし直しました。
2.6は画面のドッキング機能がなく、ツールボックスが分離していますが、機能的に劣るわけでなないので、2.8がPCに合わない場合は、2.6をインストールするといいと思います。

2.6のダウンロードはこちら




あわせて管理人が使用しているGこんばーちゃという画像縮小ツールも紹介します。
これはiphoneで取り込んだ画像サイズを縮小するためのソフトです。
iphone画像は取り込んだままのサイズだと、3200px✕2400pxぐらいの大きさがあり、2.5〜2.8MB位の容量があるので、このソフトを使って5分の1の大きさに縮小しています。
一度に何枚でもサイズ、形式変換ができるのでおすすめです。

ダウンロード


それにしても、今回初めて、動画を作成してみましたが、ずいぶん寝ぼけた音声で、大変失礼しました。
最後の方は何を言っているのかわからない状態になってしまっています。

また、自分の声が録画されたものを聞くのは、なんともいえず、気恥ずかしいものです。
そのうち慣れるのでしょうが...
音声のボリュームが小さかったかもしれません。

20140320 (3).JPG

その原因は音声をひろった百均のイヤホンマイクのせいにしときましょうw

ですが、画像より動画のほうがややこしい説明を記事にしやすいという側面があるのは確かなようなので、またなにかネタがあれば動画をとってみたいと思います。
今日も最後まで見て頂き、どうもありがとうございました。
2014-03-20 14:12 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ひつじのたぶんセドリまがじんかも? All Rights Reserved.